研究課題
トップページ > 研究課題
  • MH研究集団とは
  • 規格情報
  • 統計情報
  • 事務局
  • メンバー紹介
メンバー専用ページ
ユーザー名
パスワード

研究課題

1.MH関係の生産統計等を整理

2.MHに関するJIS規格及び団体規格等の一覧と今後の開発予定を調査

3.市場評価について

MHを利用されている顧客のMHに対する評価をまとめ次へのステップアップの基礎を収集し、MH導入に関しての指針、導入後の評価方法の研究する(生産性、省エネ、等 評価方法も含む)

4.MH認知度の広報研究

  • 一般社会人、学生への周知
  • 学生向けの講演会を開催
  • 物流・包装等の国際展示会での広報
  • 海外への日本のMH活動の紹介

5.MHへのRFID利用アップ方法研究

  • 現在、産業オートメーション化により多くのRFIDが利用されているが配送センターでは利用は限られている。
  • 配送センターで入荷ー出荷までの工程での利用例を集め普及を妨げている項目を明確にする。

6.市場を拡大(国内外)研究

  • MHの利用範囲拡大(基本は多量型で多く使われている)少量品への拡大は?
  • 現在利用が少ない領域は何か、それを妨げている要因研究をし、対応を考える。
  • 海外へMHを拡販する為に必要な内容を検討をする。これを実行する為には何が必要かを研究する。
  • 災害時の対応方法に付いての指針検討(特に医薬品、食品)
  • 復旧に関しての対応方法

7.MHの標準化の研究

  • MHに関係が深いパレットを含む容器に関する標準化研究を行い、次に個々のMHに関する標準化研究を進める。
ページトップへ戻る